四代目中澤農園|オフィシャルサイト|北海道むかわ町 穂別

「はじめに伝えたいこと」

2020.12.30

「はじめに」

 
the day.Produceという屋号で個人事業主をしていた私(中澤和晴の妻、さとみ)が、穂別の中澤農園の和晴さんと出会い、
2018年に結婚して、「四代目中澤農園」が生まれた。

「三代目とも違う、そして次の五代目はまた違っていい、
四代目は四代目らしいスタイルの中澤農園で。」
その思いを込めて、事業継承に合わせてロゴをお願いしていたデザイナーユニットさんが
和晴さんと私の代の中澤農園に「四代目中澤農園」という屋号をプレゼントしてくれた。
とてもしっくりときて、目の前が明るくなったようだった。

2021年、農園のwebサイトを新しくするにあたり「ブログ、コラム欄」をどんなものにしていこうか色々と想像したとき、
色々考えて「私が見ている日々」をアップしようと思った。

「野菜が穫れた」、「販売スタートした」、だけでない、四代目中澤農園の日々。

和晴さんがどんな作業をしていて、どんな風景を見ているのか、
とき子ばあちゃんが教えてくれる野菜の保存の知恵や娘時代(とばあちゃんは言う、若い頃のこと)から試行してきたレシピのこと、
中澤家の三世代分の親戚・知人の皆さんから届く今の「旬」のこと、
取引先さんによってうちの野菜が変身した姿、
庭にエゾリスや鹿が遊びにくるような一軒家での四世代暮らしの話、…

そんなようなことを日記のように綴りたいなと思います。
そうして読んで一呼吸したら、少し空気がおいしく感じられるような気持ちになってもらえたら嬉しいです。

それでは、農園ジャーナル「穂別、四代目中澤農園の日々」、はじまり。

December 30 2020, 15:42pm.
ばあちゃんが台所で大根を刻み、由幸さんは通りすがりに木花のお守り、十四三さんは仏間で正月の供花の準備、和晴さんは雪景色の中で農園の仕事。わたしはお歳暮でたくさん頂いた食パンでフレンチトーストを焼く合間に思ったこと。
 
 
Special thanks!このWEBサイトをつくるにあたりお世話になった皆さん。
Design SHIMAUMA DESIGN
Photos 坂東 新一郎
Coding 船島 修 (あいうえお順)